弁護士に成年後見を依頼


成年後見制度は、精神上の理由で正常な判断ができない人が詐欺などの犯罪に巻き込まれないようサポートする制度のことです。精神上の理由というのは、認知症や知的障害などを指しています。成年後見制度を利用するためには、サポート役となる成年後見人を決めなければいけません。

弁護士の無料相談成年後見人になるには特に資格などは必要なく、親族がなることもできます。ただし成年後見人の仕事を考えた時、法律に関する専門的な知識を必要とすることもあるので親族ではち対応しきれないこともあります。こういう場合を考えて、最初から第三者に成年後見人を依頼するケースが増えてきています。第三者というのは法律に関する知識が豊富な弁護士です。弁護士以外では、司法書士や社会福祉士なども成年後見人をすることができます。

成年後見制度を利用する際、本人がどのくらい判断力があるかどうかについても成年後見人の仕事は変わってきます。本人の精神状態によっては、後見ではなく補佐や補助という役割もあります。時々物忘れをするが普段は問題なく生活できている、頻繁に物忘れをする、正常な判断ができないのが通常、など状態によっても成年後見人制度は利用の仕方が変わります。

どうしたらいいかわからない場合は、弁護士の無料相談を利用してみるといいかもしれません。相談だけなので、依頼まではいきませんが悩みや疑問に関するアドバイスをしてもらえます。ただし弁護士に成年後見人を依頼するにも、申し立てや登録が必要となります。